HOME > アルべロブログ

アルべロブログ

東京国際フォーラムで血管の再生医療の研究会に参加しました

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今、再生医療は旬の話題ですね。
iPS細胞、STAP細胞とマスコミでも取り上げられ身近なものになってきました。
本日、花田は末梢血管の再生医療の研究グループの打ち合わせに参加しました。
写真右から2人目がリーダーの堀江卓先生(札幌北楡病院)です。
impact study member小.jpg

人の体はそのままでは再生しないので(トカゲのしっぽみたいにはいかない)、
病気になって機能を失ったり、怪我で失ったりすると、諦めざるを得ないこともあります。
その度に患者さんも医師もやるせなさと悲しみで胸を痛めてきました。

ところが、ちょっとした工夫で再生できるかもしれないことがわかってきました。
例えば、ある細胞を体のどこかに移植するとそこから臓器ができるってことです。

私たちの研究会では自分の骨髄の中にいる若い細胞を使って、血管を作る研究(IMPACT STUDY)をしています。
  1. 薬で骨髄から血管内に導き
  2. それを採って
  3. 血流不足に陥っている筋肉内に移植する
細胞移植小.jpg細胞移植2小.jpg
という方法です。
薬も効かない、手術や血管内治療の適応もないという方を対象としています。
特にバージャー病や膠原病の方に効くのではないかと考えられています。

安全で、エコで、生理的な方法ですが、保険でできるようになるのには険しい道のりを進んでいます。
でも、ここでも「続けることの大切さ」が話題になりました。
安全な治療法なので、無理をせずに続けていれば必ずいい結果が出るだろうと確信しています。

再生は最も効率の良い治療だと思います。
実はパワープレートも血管新生や神経の再生を促すのではないかと期待されています。
そしてエンビロンのビタミンA含有外用剤も皮膚の再生を促すことが報告されています。
みなさんも体を再生してみませんか?



山梨と東京からローカレーを召し上がりにきて下さりました!

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日ははるばる東京と山梨からのお客様が愛犬を連れてローカレーを食べに来て下さり
楽しいひとときを過ごさせていただきました。

ローカレーの調理風景です。
ローカレーのルーはこんなに具だくさんなんです!
甘くてスパイシーな深~い味わいが出るわけですね。
ローカレーとミキサー2小.jpg
ご飯はカシューナッツとカリフラワーです。
今日は坂井正氏が買ってきてくれたカリフラワーがとっても美味しかったので、
ご飯だけでもいい味でした。
カリフラワーご飯小.jpg

デザートはいちごのスムージー。
小山町からきてくださった常連さん3人も喜んで召し上がって下さりました。
皆様もどうぞお召し上がりください。
3月31日はローパスタのオーダーが入っているので、皆様ご賞味ください。


富士宮で創傷管理のコツについて講演しました

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は富士宮市立病院で傷を管理するこつについてお話させてもらいました。
こつとしては
  1. 傷の原因をはっきりさせる
  2. 傷の現状(血流は十分か、深さ、感染していないか)を知る
  3. 傷の予後を知り、治せるのか、治らないのかを知る
  4. 傷に対する対処法を考え、実践する
というステップで考えることだと思います。
漠然と傷を見ていると思いがけないことが起こったり、治らなかったりします。

それはそうと、富士宮市立病院のみなさんから大切なことを教わりました。
「続けることの大切さ」です。

数年前に東名富士クリニックの院長だった後藤哲男先生のご助力でこの研究会が立ち上がり、それからずっと症例検討会を院内で重ねてこられていました。
医師とコメディカルスタッフが大勢集まり、それぞれの視点で患者さんの治療経過について掘り下げて話し合う。
地味で忍耐が必要なことだと思います。

その結果、ディスカッションの質が高まり、患者さんをみる目がずいぶん養われているのを感じました。

何があっても、これと思ったことを続けるって大事なんですね。
つい、辞める理由を探してしまいがちですが・・・

そして写真はその後のハーブ酒研究会です。

ハーブ酒.jpgDUFF.jpg
DUFFという洒落たバーで、いつものシャルトリューズ、ベネディクティンに続いてニューフェイス「DRAMBUIE」に挑戦しました。とてもフルーティで品のいい味わいでした。
ここでも継続と挑戦の大切さを再確認しましたsmile

保険でオーダーメイド靴を作ったお客様を紹介します:扁平足による足の甲の痛み

こんにちは!
いつもアルベロをご利用いただきまして、ありがとうございます。

今日は扁平足のために歩いたり運動すると、足の甲が痛くなって消極的な気持ちになっていた方を紹介します。
東部病院のフットウェア外来で日本フットケアサービスの上口茂徳氏にオーダーメイドのインソールと靴を作っていただきました。
足のバランスを良くして、歩くときの負担を減らしてくれる靴が完成しました。
履いて「足が自由になった」とのこと。

矯正したバランスでパワープレートに乗ると、より足の機能が高まります。
楽しみですね。

足が痛いのに病院で「骨は折れていません」と言われがっかりしたことのある方は、
もしかしたら足の変形や関節の硬さが原因かもしれません。
症状がある方は保険が効く可能性があります。
お近くのフットウェア外来を受診してみてください。
東部病院は第2、4火曜日で完全予約です。

新百合ケ丘にある老舗洋菓子店の焼き菓子を紹介します

こんにちは!いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日はとっても美味しいスイーツをいただきました。
川崎の老舗洋菓子店「リリエンベルグ」のポルボローネという焼き菓子です。幸せを呼ぶお菓子とあります。
口の中に香ばしさと品のいい甘さをさーっと広げながら溶けていきます。ホント幸せlovely

なんと素晴らしいお菓子なんだろうと思っていたら、オーナーはウィーンの老舗デメルで修行されたのだそうです。
デメルといえば、生クッキーで心を奪われザッハトルテで虜に・・・。
みなさま、春の行楽にこんな素敵なスイーツはいかがですか?


「ポルボローネ」
黄金色に焼いた小麦粉と香ばしいナッツペーストで練り上げ和三盆糖を使った口溶けの良いスペインの祝菓だそうです。


「喫茶店?それともスポーツジム?」とアールデコ風なスタジオに困惑

こんにちは!
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日はちょっとしたハプニングがありました。
「入りたいのに入れないお客様と
入れたいのに入ってもらえない歯がゆさを感じたスタッフたち」

お客様体験談にもあるとおり、アルベロは初めての方に少し違和感を感じさせてしまう外観と内装のようです。
この外観でお茶をしにきたおしゃれなご婦人、手作りのパッチワークの帽子に粋なコートで店内を覗かれました。
アルベロ外観1.jpgアルベロ外観2.jpg

すると店内では運動している人たちが!!
アルベロ内部.jpg

慌てて
引き止めましたが、入るに入れず、入れるに入れられず別れました。
また来てください…


40代男性 調理師 静脈性下腿潰瘍の事例を報告します

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は下肢静脈瘤を治療せずに放っておくと、静脈の内圧が高くなり、皮膚炎を起こしたり、治りにくい傷ができることがあります。
特に長い立ち仕事に従事する人でよく見られます。

ひとたび傷ができると、難治性で、ときに感染から重篤な病態に至ることがあります。

治療は以下の3つの柱からなります。
  1. 下肢静脈瘤そのものの治療(弾性着衣、手術など)
  2. 傷の治療(局所の圧迫、感染管理、湿潤環境の維持)
  3. スキンケア(変性した皮膚を保湿するなど)

一度変性した皮膚はなかなか元には戻らず、私たち医師は随分悩まされました。
そんな皮膚に実はビタミンA(特にパルミチン酸レチノール)がよく効きます。
その一人を紹介します。

初診時 数年間じゅくじゅくして、常に傷があるような状態だったようです。
典型的な静脈性潰瘍です。
IK初.jpg
局所の圧迫とベルクロラップ式弾性ストッキング(ジャクスタライト、medi社)、βカロテン(デリケートジェル、
エンビロン)開始。1週間後、炎症が一気に落ち着いています(下図)。
IKday7.jpg
外用をビタミンA含有オイル(モイスチャーボディオイル)へ変更して初診1ヶ月後が下の図。
皮膚の厚みときめの細かさが出てきています。
脆い皮膚が丈夫になってきて、下肢静脈瘤の手術を予定しました。
IKday30.jpg

その後もビタミンA(パルミチン酸レチノール)の外用を続け、皮膚が再生してきています。
初診から半年後の写真が下の図です。
IK6month正面 小.jpg
ここからはより凹凸を減らし、色素沈着を取りたいということで、コスメティックロールキットで角層に穴をあけてさらに高濃度のビタミンAを導入し、初心から約1年が経過した現在、色素沈着がずいぶんとれました。


50代男性でメタボが改善した事例を紹介します

こんにちは!いつもアルベロをご利用頂きありがとうございます。

50代男性、メタボリック体質のお客様。
健康維持・体質改善を目的としてご来店されました。

1回20分、週2~3回のパワープレートによる加速度トレーニングと、
朝のスムージーを継続して約1年が過ぎようとしています。
昼にはアルベロのローフードカフェで酵素ジュースを1杯飲むのが習慣です。

気づいたら体重が6%(4キロ)減少、体脂肪は減少して筋肉量が増えました。
見た目もずいぶんスッキリして、もっと減ったようにも見えます。
体の中から改善されたのですね。
まだまだ、若返ると思います!

90代女性、廃用性浮腫と心不全によるむくみと悪化する傷の事例を紹介します

みなさん、こんばんは!
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は93歳女性で、廃用性浮腫(あまり歩かなくなった結果、ふくらはぎの筋力がおちて足がむくむ病態)と
心不全のために足がむくみ、傷ができてしまった方を紹介します。

施設に入所中で、手厚いケアを受けていますがどうしてもむくみが改善せず、傷がたくさんできたため、
東部病院の血管外科・創傷治癒科を受診されました。

本来は弾性ストッキングや弾性包帯で圧迫するのが基本ですが、心不全もあり、ご高齢でもあることから
イオンドクターを勧めました。
2週間後、むくみは著明に改善し、傷はほぼ治癒していました。

イオンドクターは反射熱を利用したウォーマーで、なぜか圧迫しないのにむくみが改善します。
この科学的根拠はまだ改善できていませんが、静脈機能検査をしたりして解明を試みています。
運動量が多い人や高度の浮腫の方では不十分なことがありますし、やはり第一選択は弾性着衣となりますが、
寝たきりの方や心性浮腫の方、あるいは弾性ストッキングの圧迫が不快な方にはおすすめです。

私自身も静脈瘤があり、日中は弾性ストッキングを愛用していますが家の中ではイオンドクターの虜です。
スタジオでも東部病院でも1週間のサンプル貸し出しをしていますので、むくみや冷えでお困りの方はお試し下さい。

70代女性頻尿の事例を報告します!

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は、パワープレートで頻尿が改善したお客様をご紹介します。
この方は、もともと手足のしびれをとりたくて1回15分、週2回ほどパワープレートでトレーニングなさっていました。

約1年たった現在、以前から悩まされていた頻尿がなくなりぐっすり眠れるようになったとのことです。
おそらく骨盤底筋群が強化されたためだと思います。
尿失禁が良くなった事例もよく耳にします。

パワープレートは従来の運動では鍛えにくい筋肉が強化できます。
しかも、乗ってポーズをとるだけですから、運動に自信がない方にもってこいですね。


<<前のページへ1234567

アーカイブ

このページのトップへ