HOME > アルべロブログ > アーカイブ > 足の水虫の最近のブログ記事

アルべロブログ 足の水虫の最近のブログ記事

60代女性 ぬり薬の効きにくい足の水虫(爪白癬、角質増殖型足白癬)を紹介します。

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

成人病予防への効果が期待されるカワイ株。
免疫力が高まることは、河合博士の研究でも明らかにされています。
このためガンやアトピー性皮膚炎の患者さんの喜びの声も多く聞かれているのだと思います。

今回、60代女性でぬり薬が効きにくい足の水虫(爪白癬、角質増殖型足白癬)で30年以上悩んできた方で
著しい改善効果があったので報告します。
角質増殖型白癬.jpg
この女性はもともと高脂血症、高血圧、肥満があっため、心筋梗塞や脳梗塞を予防したくてカワイ株を飲み始めました。
ウサギの実験で動脈硬化が改善した写真を見て、迷わずカワイ株900を選択されました。
1回1包を1日2回継続して飲み始めて4ヶ月が過ぎた頃、突然足の皮がポロポロ剥けてつるんとした肌が出てきたそうです。
そしてよくよく爪を見ると、肥厚した爪だったはずなのに、いつの間にか生え際からキレイな爪が出てきていたとのことです。

免疫力が低下した方たち、とくに糖尿病の方や透析患者さんでは足の水虫から傷ができ、
その傷が治らなくて足を失うということがしばしばあります。
しかし飲み薬は必ずしも飲めなくて、水虫の治療に難渋することも少なくありません。
こんな人たちにやはりカワイ株は役立つのではないかと思わされたできごとでした。


1

« 足が痛い | メインページ | アーカイブ | 風邪への対策 »

このページのトップへ