HOME > アルべロブログ > アーカイブ > 治りにくい傷の最近のブログ記事

アルべロブログ 治りにくい傷の最近のブログ記事

御殿場の隠れ家 「司季彩庵 くろ川」で楽しむ秋の味覚

こんにちは。
アルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

先日アルベロに「同志」のH氏がきました。
お互いに40歳。
9年前、心臓外科にこだわっていた私に「足治療医」としての道を教えてくれた人です。

まだ「足を診る専門外来」が十分に知られていないときでした。
ある患者さんの足を救いたくて必死だった私を、
新人社員と2人でサポートしてくれたのがきっかけでした。

その患者さんは菊名記念病院で血管内治療を受け、
血流障害が改善して、何とか足が救われました。
しかしもともと細菌感染していたため、足の一部を失ってしまいました。
筋力が落ちたのと足の一部を失った喪失感から、
残った足で歩けなかったことが、私の胸を痛め続けました。

その後私たちは、自分たちの施設で血管内治療やバイパス手術ができるようになり
治りにくい傷を治す専門外来も始めました。
感染の怖さを皆に伝え、早く紹介されるようになりました。
治った足を守る靴も作ることにしました。
多くの足が助かりました。
でも、筋力が落ちて歩くのを怖がる人も多くいらっしゃいました。

パワープレートと出会ったとき、胸が高鳴りました。
これを使えば患者さんたちが、自信をもって歩けるに違いないと思ったからです。

こんな思い出話に花を咲かせながら、秋の味覚を楽しみました。
御殿場の「司季彩庵 くろ川」です。
司季旬彩くろ川.jpg
お料理の味はもちろん、盛りつけが美しく、目も舌も楽しめました。
この隠れ家的な料亭で、大切な人とひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

病院で病名がわかったのに対処法(治療法)がないと言われたことはありませんか?

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

突然ですが、ある症状に困って病院を受診して病名がわかったのに
その対処法(治療法)がないと言われたことはありませんか?

例えば足がむくんでいることがわかった。
でも、心不全だから、あるいは手に力が入らないからなどの理由で弾性ストッキングをはけない。
じゃあ、むくみをがまんするしかありません。

足へいく動脈がつまって、微妙な血流不足のため傷が治らない。
薬は効かない。バイパス手術や血管内治療を受けるほどの体力はない
あるいは血管が傷んでいて受けられない。
でも足を切るほどではない。
待つしかない。

膝が痛い。変形性膝関節症だが飲み薬も注射も効かない。
手術はちょっと・・・
痩せたいけどこう痛くちゃ歩けないし・・・
がまんするか。

こんなことがしばしばあります。
ある意味「医療の空白ゾーン」に陥った状態とも言えます。
これを埋めたいというのがアルベロの立ち上げのきっかけでもあります。

先日、東京から取引先の社長がいらして「医療の空白ゾーンを埋める」ためにデータを集めて
もっと多くの人を、苦しみから救いたいということを話していかれました。
イオンドクターを扱う株式会社ジェイエスの嶋田武史社長です。
嶋田武史社長.jpg

イオンドクターは反射熱を利用したウォーマーで、弾性ストッキングがはけないむくみの人や
血流障害があるけれど血流改善の大きな治療の適応にならない人の足を多く救ってきました。
http://www.iondoctor.com/
一度使った人はわかるけれど、これを体験したことがなく、打つ手がないと諦めている人も少なくないと思います。
こんな人たちのために、イオンドクターのよさをわかりやすいデータという形で伝えられるようになりたいと思っています。

嶋田武史社長のように「人を幸せにしたい」という考え方を貫き、真摯な気持ちで追求し続けている方と会うと
心に張りができます。
またガンバリマス。皆様いつも支えてくださってありがとうございます。

指が切れた!!自宅での外傷への対処法を紹介します。

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は花田家で事故が発生しました。
取締役の一人でもある明氏が、薪割り作業中に右中指を切ってしまいました。
爪の付け根から指先がごっそりと取れてしまいました。
爪床は半分以上ちぎれて、骨も露出していました。

怪我をしたときに一番大事なことは、まず傷を観察することです。
どれぐらい取れてしまったのか?
断端は汚染していないか?
そして指先はどこ?

もし、欠損が大きければ再接着を検討した方がいいかもしれないので、ビニル袋に入れてその外から氷で冷やしながら整形外科医のいる病院に連絡してください。

そして傷への対処法ですが、
  1. とにかくよく洗ってください。流水で数分。
  2. 水気をとってサランラップや透明のドレッシング材で傷を覆い、乾燥や汚染から守ってください。
  3. 患部(切断端)をしっかり圧迫して心臓より高く上げてください。気になるけど手を離してしまうと血が止まりにくいので、あまり観察しないでとにかく圧迫してください。(玉手箱や夕鶴の部屋と一緒でのぞいちゃだめです)
  4. 病院へ!
密封したままだと膿んでしまうし、乾かすとキズが傷みます(そして痛みます)。
ですから必ず病院で適切な処置をしてもらってください。

ちなみに明氏は末節骨が砕けて露出していたので断端形成術を受けたようです。
無事でよかった。

血流障害に細菌感染が加わる悲劇:治らない傷は早めに受診しましょう

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきまして、ありがとうございます。

今日は自分の診察室での出来事をお伝えします。
それはみなさんに、傷にバイキン(細菌)が感染する怖さを知って、身を守ってほしいからです。

今日、足の指が腐ってしまった方と、手の指が真っ黒になってしまった(腐ってしまった)方が受診されました。
どちらの方も血流障害があって傷がなかなか治らなかったのではないかと思われます。
治らないなと思って月日が経つうちに、傷から悪臭がただようようになり、ここで「危ないかも!」ということになったようです。

傷は、皮膚のバリアーがなくなっています。城壁に例えると、壁が一部崩壊しているのです。
敵、すなわちバイキンが簡単に入ってきてしまうのです。
下の図に示すように、ひとたび感染してしまうと、命を守ることが優先され、足や手を失うこともあります。
血流不足だけであれば、血流改善の手段はいっぱいあります。
足のトラブルの重症度.png

そこで
お願いがあります。
  1. 2週間治らない傷があったら、病院を受診してください。手に負えないほど深いか、治らなくしている原因があるかもしれません。
  2. 傷を湯ぶねに浸けないでください
  3. 感染したかも?と思ったら迷わずにソク病院へ!
心当たりの方はお急ぎください。

富士宮で創傷管理のコツについて講演しました

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は富士宮市立病院で傷を管理するこつについてお話させてもらいました。
こつとしては
  1. 傷の原因をはっきりさせる
  2. 傷の現状(血流は十分か、深さ、感染していないか)を知る
  3. 傷の予後を知り、治せるのか、治らないのかを知る
  4. 傷に対する対処法を考え、実践する
というステップで考えることだと思います。
漠然と傷を見ていると思いがけないことが起こったり、治らなかったりします。

それはそうと、富士宮市立病院のみなさんから大切なことを教わりました。
「続けることの大切さ」です。

数年前に東名富士クリニックの院長だった後藤哲男先生のご助力でこの研究会が立ち上がり、それからずっと症例検討会を院内で重ねてこられていました。
医師とコメディカルスタッフが大勢集まり、それぞれの視点で患者さんの治療経過について掘り下げて話し合う。
地味で忍耐が必要なことだと思います。

その結果、ディスカッションの質が高まり、患者さんをみる目がずいぶん養われているのを感じました。

何があっても、これと思ったことを続けるって大事なんですね。
つい、辞める理由を探してしまいがちですが・・・

そして写真はその後のハーブ酒研究会です。

ハーブ酒.jpgDUFF.jpg
DUFFという洒落たバーで、いつものシャルトリューズ、ベネディクティンに続いてニューフェイス「DRAMBUIE」に挑戦しました。とてもフルーティで品のいい味わいでした。
ここでも継続と挑戦の大切さを再確認しましたsmile

40代男性 調理師 静脈性下腿潰瘍の事例を報告します

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は下肢静脈瘤を治療せずに放っておくと、静脈の内圧が高くなり、皮膚炎を起こしたり、治りにくい傷ができることがあります。
特に長い立ち仕事に従事する人でよく見られます。

ひとたび傷ができると、難治性で、ときに感染から重篤な病態に至ることがあります。

治療は以下の3つの柱からなります。
  1. 下肢静脈瘤そのものの治療(弾性着衣、手術など)
  2. 傷の治療(局所の圧迫、感染管理、湿潤環境の維持)
  3. スキンケア(変性した皮膚を保湿するなど)

一度変性した皮膚はなかなか元には戻らず、私たち医師は随分悩まされました。
そんな皮膚に実はビタミンA(特にパルミチン酸レチノール)がよく効きます。
その一人を紹介します。

初診時 数年間じゅくじゅくして、常に傷があるような状態だったようです。
典型的な静脈性潰瘍です。
IK初.jpg
局所の圧迫とベルクロラップ式弾性ストッキング(ジャクスタライト、medi社)、βカロテン(デリケートジェル、
エンビロン)開始。1週間後、炎症が一気に落ち着いています(下図)。
IKday7.jpg
外用をビタミンA含有オイル(モイスチャーボディオイル)へ変更して初診1ヶ月後が下の図。
皮膚の厚みときめの細かさが出てきています。
脆い皮膚が丈夫になってきて、下肢静脈瘤の手術を予定しました。
IKday30.jpg

その後もビタミンA(パルミチン酸レチノール)の外用を続け、皮膚が再生してきています。
初診から半年後の写真が下の図です。
IK6month正面 小.jpg
ここからはより凹凸を減らし、色素沈着を取りたいということで、コスメティックロールキットで角層に穴をあけてさらに高濃度のビタミンAを導入し、初心から約1年が経過した現在、色素沈着がずいぶんとれました。


90代女性、廃用性浮腫と心不全によるむくみと悪化する傷の事例を紹介します

みなさん、こんばんは!
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日は93歳女性で、廃用性浮腫(あまり歩かなくなった結果、ふくらはぎの筋力がおちて足がむくむ病態)と
心不全のために足がむくみ、傷ができてしまった方を紹介します。

施設に入所中で、手厚いケアを受けていますがどうしてもむくみが改善せず、傷がたくさんできたため、
東部病院の血管外科・創傷治癒科を受診されました。

本来は弾性ストッキングや弾性包帯で圧迫するのが基本ですが、心不全もあり、ご高齢でもあることから
イオンドクターを勧めました。
2週間後、むくみは著明に改善し、傷はほぼ治癒していました。

イオンドクターは反射熱を利用したウォーマーで、なぜか圧迫しないのにむくみが改善します。
この科学的根拠はまだ改善できていませんが、静脈機能検査をしたりして解明を試みています。
運動量が多い人や高度の浮腫の方では不十分なことがありますし、やはり第一選択は弾性着衣となりますが、
寝たきりの方や心性浮腫の方、あるいは弾性ストッキングの圧迫が不快な方にはおすすめです。

私自身も静脈瘤があり、日中は弾性ストッキングを愛用していますが家の中ではイオンドクターの虜です。
スタジオでも東部病院でも1週間のサンプル貸し出しをしていますので、むくみや冷えでお困りの方はお試し下さい。

1

« 足の血流障害 | メインページ | アーカイブ | 膝が痛い »

このページのトップへ