HOME > アルべロブログ > アーカイブ > アトピー性皮膚炎、化粧品障害の最近のブログ記事

アルべロブログ アトピー性皮膚炎、化粧品障害の最近のブログ記事

60代男性 アトピー性皮膚炎に対するエンビロンの効果を紹介します

みなさんこんにちは。いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

今日はアトピー性皮膚炎のため、全身が象の皮膚みたいに変性してしまった60代男性をご紹介します。
変性した皮膚は、見た目の問題だけでなく、強いかゆみを伴っており、掻かずにはいられない状態だったそうです。
「何もかも試したけれど、何一つうまくいきませんでした。辛いを越して諦めているんです。
でも足を一本失って、この皮膚が治るならば失ってもいいと思います。」
下肢救済を生きがいとする私にとって、衝撃的な言葉でした。

知人の紹介でアルベロへご来店されたとき、大きなスーツケースにぎっしりと着替えを詰めて持ち歩いていらっしゃいました。

アルファトーナーで拭き取り
顔へはデリケートジェルとデリケートクリーム、Cブースト、ラドローション
体へはモイスチャーボディクリームを使いました。
頭も痒いとのことで、頭へはデリケートジェルを塗っていただくことにしました。
そしてかゆみが出るたびにデリケートジェル、モイスチャークリームを塗り足していただくことにしました。
モイスチャーボディクリーム.jpg

半信半疑なまま全身に塗って2~3分後
「痒くない!!あれれ?」

それからお風呂に入るまで数時間、ほとんどかゆみを自覚されなくなったようです。
翌日もほとんどかゆみがないと嬉しそうにされていました。(なんと御殿場に泊まりがけです)

翌日はアレルゲンを調べに東部病院へ。
そうそう、アレルゲンの除去が一番大事なんです。

その翌日、メールで「モイスチャーボディクリーム5本」のオーダーが入りました。
私もアトピー性皮膚炎ですがやはりモイスチャーボディクリームを愛用しています。
おかげでお肌がスベスベです。
もうだめだと思っていらっしゃる方、あきらめないでご相談ください。



20代女性 アトピー性皮膚炎 化粧品障害の事例を報告します

こんにちは!いつもアルベロをご利用いただきありがとうございます。

今回ご紹介するお客様は、子供の頃からアトピー性皮膚炎と診断され、
成人してから化粧品障害で顔全体にぶつぶつができて悩んでいた方です。

昨日、とっても綺麗になってスタジオに来て下さりました。
スタッフもびっくりのこの変化を報告します。

来店当初、何をつけてもうまくいかないと困っていらっしゃいました。
隠そうとしてリキッドファンデーションを使い、さらにひどくなるようでした。
お母様がエンビロンできれいになり、興味をお持ちになりチャレンジしたのが
1月中旬でした。

スキンケアの手順は
  1. クレンジングクリームでやさしく洗顔する
  2. モイスチャートーナーで角質を整える
  3. デリケートジェル(βカロテン+ティーツリー)、モイスチャークリーム(パルミチン酸レチノール)で保湿する
  4. ラドローション(UVケアクリーム)
  5. メイクはパウダーを薄づけする
これだけで2ヶ月頑張ったそうです。

1週間後からレチノイド反応がでて、かゆみと発疹、乾燥で辛そうでした。
お母様と花田とで、これを乗り切れば楽になる!!!と励まし続けました。
乾燥が強いときやかゆい時にはモイスチャークリームを塗ると不思議と楽になります。

こんなことを続けて2ヶ月、キメが細かく弾力のある皮膚となり、ぶつぶつも激減しました。
晴れやかな笑顔によって、私たちまで幸せになりました。
もっともっと幸せになってくださいね。

20代女性の化粧品障害事例をご紹介します!

こんにちは。いつもアルベロをご利用いただきありがとうございます。

数年前から顔に限局したブツブツができて悩んでいた20代女性が、
先日プロティアジャパン代表の戸澤明子先生のカウンセリングを受けました。

洗顔法、乳酸による前処置とビタミンA外用法を教えていただき実践しています。

カウンセリングの直後から戸澤先生のアドバイスで絶対よくなる!と実感して頑張る勇気が出てきたようで、表情が明るくなりました。
数分後から顔のかゆみが消えて、さらに明るい表情で帰って行きました。

それから朝晩のケアに加えて、かゆみが出るたびにビタミンAのクリームを塗って5日が経過しました。
かゆみはほとんど自覚しないとのことです。赤みがずいぶん減って、皮膚のキメが細かくなったように感じます。
キラキラ輝く笑顔に、ほっと胸をなでおろしました。

エンビロンのモイスチャーシリーズにはパルミチン酸レチノールという蓄積型のビタミンAや
抗酸化物質が含まれ、皮膚の正常化を促進します。

体は綺麗なのに、顔にだけスキントラブルをきたしている方は化粧品障害の可能性があります。
顔に塗るものを考え直してみるのもいいかもしれません。

1

« 麻痺・拘縮、足の変形 | メインページ | アーカイブ | メタボ対策・減量 »

このページのトップへ