HOME > アルべロブログ > アーカイブ > 2014年10月アーカイブ

アルべロブログ 2014年10月アーカイブ

10月流行中の「のどの風邪」への対処法:自然療法と市販薬、病院をうまく使って治す

こんにちは!
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

40歳女性。寒暖の差についていけず、とうとう風邪をひいてしまいました。
成人でも、子供でも、10月に入って「のどの風邪」が流行っているようです。

のどの風邪には、まずはうがいをしたり、十分な睡眠をとることが基本です。
その上で、症状を緩和するのにいいのが以下のレシピです。

①はちみつ大根ジュース:
さいの目切りにした大根にはちみつをかけます。
30分ぐらいで大根のエキスと水分が出てきて、抗炎症作用を発揮します。
一晩置くと、より一層パワフルに。
②花梨ジュース:
花梨をハチミツに浸けます。
(よく洗い、十分に水気をとった花梨2kgを輪切りにして容器に入れる。
そこへハチミツ2.2kgを注ぐ。)
3ヶ月ほどで良い味になります。

私は、美味しさ的には断然、花梨ジュースがいいと思います。
でも備えておかないと、辛い時に飲めませんね。
すぐにできるという点で、はちみつ大根は魅力的です。

ただ、のどの風邪の一部には、細菌性のものがあり、市販のかぜぐすりは効きません。
38度近い熱が出たり、症状が数日以上続くときには
病院を受診して、適切な治療を受ける必要があります。
上気道炎どころか、マイコプラズマ肺炎だったなんてこともあります。

裏技でありながら、けっこう頼りにしてしまうのが市販薬の「長城清心丸」。
強い倦怠感(だるくて仕方がない)治すときの効果はミラクルです。
牛黄が効くのではないかと思います。
頑張らなきゃいけないのに頑張れなそうなとき、「若甦」と「長城清心丸」を飲むと
頑張れちゃうのです。

私の知人で、
フラフラだったのに1時間後には草むしりをしていた人
バスで横たわっていたのに、1時間後には自らビールやドイツ料理を楽しんでいた人
などなど、偉業を成し遂げた方々が多くいます。

御殿場では「土屋薬局」で購入できます。
皆様、お体をご自愛くださいませませ。


60代男性 脳梗塞後遺症(右片麻痺、構語障害)に対するパワープレートの初期効果を報告します

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

脳梗塞の後遺症として右片麻痺、構語障害をきたした60代男性に対するパワープレートの初期効果を報告します。
アルベロ内部.jpgのサムネイル画像

病院のリハビリでは物足りないと危惧した娘さんがスタジオへ連れてきて下さりました。
彼女はエンビロンの先駆者で、私の尊敬するエステティシャンでした。
彼女のサロンでもパワープレートの効果で劇的に改善した人がいらしたため、
お父様の社会復帰を強く願い、期待していらっしゃいました。

右半身の不全麻痺。痙性麻痺(硬くなっている)を呈していました。
肩、首、肩甲骨を緩めるストレッチ
上肢と体幹を鍛えるトレーニング
脊椎をほぐすマッサージ
の順にやっていくとみるみるうちに肩関節の可動域が広がりました。

3回目の今日、ずいぶん身のこなしがなめらかになっていました。
娘さんも喜んでくださりました。

パワープレートそのものにも、脳梗塞後の脳に対する効果は期待できますが
今後はさらにシナプソロジーも取り入れて、脳の活性化を期待しようと思います。

近日中に動画もご紹介したいと思います。
このお客様の社会復帰をご期待下さい。
(以前に脳梗塞後遺症の40代男性が完全復帰されたことがあります)

ナイアガラ(白ぶどう)のおいしい食べ方を紹介します

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

芳香と甘味が特徴の白ぶどう「ナイアガラ」のおいしい食べ方を教えてもらいました。

①大きい房より中くらいの房を選ぶ : 大きい房より中くらいの房の方が甘いとか。
②房の下の方から食べる : 最後に枝に近い甘いものが楽しめる。
③口の中で果肉部分を舌でつぶしてジュースを飲む、種とその周りは丸のみにする
 :種の周りは酸味が強いので、噛まないで丸のみにしてしまうと甘味だけを楽しめるのだそうです。
ナイアガラ.jpg

ナイアガラの香りを知りたい方は、アルベロで酵素ジュースを召し上がってください。
ナイアガラ酵素ジュースは、前代未聞の美味しさです。
ワインもたまりません。(アルベロに、ワインは置いてありません。)

きっと今日からあなたもナイアガラファンになってしまうことでしょう。

乳幼児期に発症する食物アレルギーは6歳までによくなることが多い

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきありがとうございます。

今日は食物アレルギーのお子様をお持ちのお母様に朗報です。
厚生労働科学研究班がまとめた「食物アレルギーの栄養指導の手引き2011」によりますと、
乳幼児に発症する食物アレルギーのうち、鶏卵、牛乳、小麦、大豆は、
3歳までに50%、6歳までに80~90%が食べられるようになる(耐性を獲得する)そうです。

野菜プレート.jpg

我が子も、知人の子供たちも、乳幼児期に鶏卵、牛乳、小麦、大豆などのアレルギーを発症して
食べるものを選ばなくてはいけないことがあり、将来どうなるんだろうって心配していました。
でも、食べられるかもしれませんね。
一度診断されたことがあっても、集団生活が始まったらもう一度診断してもらうといいかもしれません。

一方、これ以外の原因食物を
食べられるようになることはあまりない(耐性は獲得し難い)そうです。
我が子のキウイとバナナはだめなのかも?




御殿場の隠れ家 「司季彩庵 くろ川」で楽しむ秋の味覚

こんにちは。
アルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

先日アルベロに「同志」のH氏がきました。
お互いに40歳。
9年前、心臓外科にこだわっていた私に「足治療医」としての道を教えてくれた人です。

まだ「足を診る専門外来」が十分に知られていないときでした。
ある患者さんの足を救いたくて必死だった私を、
新人社員と2人でサポートしてくれたのがきっかけでした。

その患者さんは菊名記念病院で血管内治療を受け、
血流障害が改善して、何とか足が救われました。
しかしもともと細菌感染していたため、足の一部を失ってしまいました。
筋力が落ちたのと足の一部を失った喪失感から、
残った足で歩けなかったことが、私の胸を痛め続けました。

その後私たちは、自分たちの施設で血管内治療やバイパス手術ができるようになり
治りにくい傷を治す専門外来も始めました。
感染の怖さを皆に伝え、早く紹介されるようになりました。
治った足を守る靴も作ることにしました。
多くの足が助かりました。
でも、筋力が落ちて歩くのを怖がる人も多くいらっしゃいました。

パワープレートと出会ったとき、胸が高鳴りました。
これを使えば患者さんたちが、自信をもって歩けるに違いないと思ったからです。

こんな思い出話に花を咲かせながら、秋の味覚を楽しみました。
御殿場の「司季彩庵 くろ川」です。
司季旬彩くろ川.jpg
お料理の味はもちろん、盛りつけが美しく、目も舌も楽しめました。
この隠れ家的な料亭で、大切な人とひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

脳の若返りエクササイズ「シナプソロジー」を御殿場で体験しませんか

こんにちは。
いつもアルベロをご利用いただきましてありがとうございます。

最近、以下の項目に当てはまる人はいませんか?

  • ちょっと忘れっぽい
  • 新しいことに取り組むのが面倒くさい
  • 何だか気持ちか沈んでいる
  • もっと運動機能を高めたい
  • もっと効率よく仕事をしたい
  • 子供を情緒豊かに、健やかに、賢く育てたい
そんな方にオススメなのがシナプソロジーです。
シナプソロジーとは、新しい刺激に反応し脳が混乱した状態を作ることで、脳を活性化させるプログラムです。

具体的には「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった、普段なれない動きをしようとすることで、
脳を適度に混乱させます。
「できない」はずのことをやって脳を刺激するのです。
そうすると脳はシナプス同士の連関をよくさせることで何とか対応しようとするのでしょう。

その結果、認知機能(注意機能や判断能力など)が高まるそうです。
さらに「運動に関係する脳」や「情動に関係する脳」も活性化されるため、
運動機能が高まり、また爽快感の向上や抑うつ感の低下も期待されるようです。

先日スタジオでシナプソロジー普及員である山入るりインストラクターが
骨盤と肩甲骨ほぐしエクササイズの前にシナプソロジーのエクササイズをしてくれました。

体験したみなさまが感じられたのは、
  • 楽しくて爽やかな気持ちになった
  • エクササイズのメニューが頭に入りやすくなった
といったこと。

私もたった数分なのに、脳が若返った気がしました。

これからアルベロで、みなさまに体感していただこうと思います。
御殿場初ではないでしょうか。
乞うご期待!

1

« 2014年9月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ